アロマオイルを使用した認知症対策

脳を刺激することによって、認知症の予防や症状を抑える効果が期待できます。
その中で、アロマオイルを使用して認知症の予防対策を行っている介護福祉施設が最近増えてきています。
学術論文でも公表されている製油と配合率をもとにブレンドした専用のエッセンシャルオイルを使用します。
香りはリラックス効果も生み、精神を落ち着かせる働きがあり、体の自由がきかなかったりトイレや食事の世話を受ける事への強いストレスなどを軽減させることも目的としています。
一番はやはり介護を受ける方への不安やイライラを取り除くと同時に、脳への積極的な刺激により細胞を活性化させる効果を期待するものです。
その効果はまだ未知数な部分もありますが、今後にとても期待が持てるのではないでしょうか。

丸橋全人歯科

丸橋全人歯科

丸橋全人歯科

丸橋全人歯科

丸橋全人歯科

最新記事

  • 私たちは、福祉という言葉を知っています。
    しかし、その具体的な意味や内容を理解できている人は少 …

    続きはコチラ

  • 「福祉」という言葉はよく使われる言葉ですが、いったいどのような意味なのでしょうか。
    「福祉」の …

    続きはコチラ

  • 福祉とは、そこに住む人々が不自由なく生活をしていけるようにお手伝いをすることです。
    たとえば介 …

    続きはコチラ